データ分析は目的の決定から始まる一連のプロセスである

データ分析は目的の決定から始まるプロセスである

「データ分析」とは、意思決定の質を向上させるための一連の行為であり分析だけでは成立しない。そしてこの「一連の行為」を具体的にまとめたのがすなわちデータ分析プロセスである。

データ分析プロセスの流れ

データ分析は目的の決定から始まり、分析・洞察を経て意思決定された施策が実行される一連のプロセスとして表現できる。言い換えれば、これらのプロセスのどこかが欠ければ失敗間違いなしということでもある。

最も重要なことは目的無きデータ分析は無駄であることで、目的なしに始めたデータ分析が成功することはない。

プロセスであることを知っているかどうかがパフォーマンスの差を生む

普段からデータ分析がプロセスであることを意識しないと見えないことも多く、プロセスの参加者がプロセス全体を意識することなく各自のことだけを考えて動けばパフォーマンスが悪化することは容易に想像できるし、実際にそうなる。

データ分析プロセスを食事に例えてみるとよいだろう。作る人がいて食べる人がいるのもそうだし、作る時のことだけを考えても食材の調達から味付けまでがやはり一連の流れであり、完全にマニュアル化された作業ならともかく、食材の仕入れに一切関与できないシェフが良い仕事ができるだろうか。

データ分析プロセスの1つ1つが非常に大きな問題である

いくら簡潔に表現できるからといって、この抽象的なモデルでデータ分析を理解したつもりになったとしたらとんでもない勘違いだ。プロセスの各段階はそれぞれが非常に大きな問題である。例えば「分析」フェーズには「統計学」「機械学習」がその一部含まれる。含まれる、と書くのは簡単だがそれがいかに膨大な知識を必要とするかは言うまでもない。

データ分析プロセスは基本

データ分析プロセスについて以前から書いてきた話のまとめのようになったが、データ分析プロセスはあらゆる人にとって基本的な知識であると考える。プロセスであることを理解しないのは、スポーツであれば個別の技術だけを考えてゲームに勝つことを考えないのに等しい。繰り返しになるが「データ分析」とは、意思決定の質を向上させるための一連の行為であり分析だけでは成立しないのだ。