「日本軍の情報軽視」と「ビジネスにおけるデータ分析軽視」は同じだ

米軍による日本の情報部についての調査

「『大本営参謀の情報戦記』を読んで日本のデータ分析のいままでとこれからを考える」を始めるにあたり、戦後すぐに米軍が作った『日本陸海軍の情報部について』という調査書の一文が紹介されているのでまずはそれを読んで欲しい。

米軍は昭和二十一年四月、『日本陸海軍の情報部について』という調査書を米政府に提出している。その結言の中の一節をまず紹介しておかなければならない。

「結局、日本の陸海軍情報は不十分であったことが露呈したが、その理由の主なものは
(1)軍部の指導者は、ドイツが勝つと断定し、連合国の生産力、士気、弱点に関する見積りを不当に過小評価してしまった。(註、国力判断の誤り)
(2)不運な戦況、特に航空偵察の失敗は、最も確度の高い大量の情報を逃す結果となった。(註、制空権の喪失)
(3)陸海軍間の円滑な連絡が欠けて、せっかく情報を入手しても、それを役立てることが出来なかった。(註、組織の不統一)
(4)情報関係のポストに人材を得なかった、このことは、情報に含まれている重大な背後事情を見抜く力の不足となって現われ、情報任務が日本軍では第二次的任務に過ぎない結果となって現われた。(註、作戦第一、情報軽視)
(5)日本軍の精神主義が情報活動を阻害する作用をした。軍の立案者たちは、いずれも神がかり的な日本不滅論を繰り返し声明し、戦争を効果的に行うために最も必要な諸準備を蔑ろにして、ただ攻撃あるのみを過大に強調した。その結果彼らは敵に関する情報に盲目になってしまった。(註、精神主義の誇張)

『大本営参謀の情報戦記』 P327-328

もし「今の日本企業のデータ分析について」を書いたらほぼ同じようになりそうだ。試しに、この文章を置き換えてみよう。

  • 競合企業の営業力、士気、弱点に関する見積りを過小評価
  • SNSや個人のブログで流れている大量の情報を逃す
  • 部署間の円滑な連絡が欠けて、役立てることが出来ない
  • データ分析人材がおらずデータがあっても読み解けない、その他の業務が優先で分析はおまけでしかない
  • 自分の会社は素晴らしいと思い込み、利益を上げるための施策を蔑ろにして夢物語だけを語る

やはりそのまま当てはまる。つまり情報軽視を国家と民族レベルで行ったのが先の大戦であり、そっくり引き継いだ日本企業がグローバル化が進む中でこれから歩んでいくかもしれない道だ。結局のところ「日本軍の情報軽視」と「ビジネスにおけるデータ分析軽視」は同じなのだ。

いや、日本軍にはまともに機能しなくとも情報部があっただけましなのかもしれない。ビジネスの世界ではデータ分析の専門チームはほとんど存在しないのであり、情報軽視どころか情報の存在感が無いに等しい。

なぜ日本にデータ分析の文化が育たなかったのかは別のところにいくつか書いているが、つまりは歴史的経緯からほとんど必要とされてこなかったからで、そう簡単に方向転換することはできないということだ。参考:日本にデータ分析の文化が育たなかった理由を考える(1) ・・・ 外国からの脅威が少なかったら?

文化だから仕方がないでは済まない

最初にこの文章を紹介したのは、『大本営参謀の情報戦記』はこのような話のオンパレードで、いわばこの本のまとめのようになっているからで、これからこの手の話をたくさん見ることになる。

データ分析の文化はこれから先より重要になる。文化だから仕方がない、で済ませられる問題でもない。そのためにもまずは情報軽視が生み出す悲劇が多く書かれた記録を改めて読みなおし、これからどうしたらいいのかを考えたい。

次回より本番。まえがきから順番に読んで行く。

その他の回はこちらから → 『大本営参謀の情報戦記』を読んで日本のデータ分析のいままでとこれからを考える 目次