分析者は目的の決定に関わってはいけない

分析者はどこま目的の決定に関与するべきか

データ分析プロセスを組織の中でどう役割分担したらいいのかを考えてみたでは意思決定者と分析者が同じかきっちり分かれているモデルを考えているが、実際にはここまできれいに役割を分けることは難しい。

そこで、意思決定者と分析者の役割分担について「原則」と「現実と対策」を検討してみたい。

原則「分析者は目的の決定に関わってはいけない」

分析する際に「どうするべきか」「成功か失敗か」といったことを考えることは当然と思われているが、実のところこれらは分析者の役割ではない。目的は意思決定者が決めなければならない。

なぜかといえば、これらに関わってしまうと客観性を失ってしまうから。客観性は分析者が独立して存在する理由であり、その理由を失うならば分析者という役割は不要なのだから分析のできるコンサルタントやマーケターがいればいい。

この客観性を失うと何が起きるか。コンサルタントが自分のサービスを売るために「どうするべきか」を決めて提案してきたり、キャンペーンを企画した代理店が結果をよく見せるために「成功か失敗か」を決めて報告してくるといったことは身近なところによくみられる。経営者が会社の戦略を決めるのに自分の感と経験だけで決める場合にはバイアスに気づくことすらないかもしれない。

現実と対策

ところがだ、意思決定のためのデータ分析を行うことの重要性を知らなかったり、決めるべき人が部下や外注に「どうすればいいのか」を要求することが当然のように行われている状況では、この役割分担が議論すらされてこなかった。これは日本にデータ分析の文化が育たなかったからで誰が悪いという話ではない。

そこで対策を考えると、事前にどういった役割で進めるかをお互いに決めるというところだろう。分析者が提案することも要求するのであれば客観性を失う危険性を、しないのであれば目的を決めたりすることはすべて意思決定者側が行わなければならないことを明確にしておく。その上で意思決定者がどちらにするかを決めた上でデータ分析プロセスを始める。

事前に話し合うことにも問題が

問題はこの事前の話し合いを行うとほぼ間違いなく「どうすべきか」といった提案も求められてしまうので本来の分析者としての仕事ができる機会が少なくなってしまうことだが、話し合わずに勝手に「こっちは分析者だから」というのが一番まずい。関係の悪化は当然ながら、意思決定者の方が立場が強いのが普通なので役立たずと思われたらそれで終わりである。

また、この「役割分担をどうするか」という目的を意思決定者が意識していない場合に分析者が「役割分担をどうするかを考える」という目的の決定に関わってしまうことにもなるが、言わなければそのままになってしまうために言わざるを得ない。そこで自分の利益を考えずに客観性を保てるかは自分ではわからないので別の誰かに評価してもらわなければならない。

抽象的な話ばかりではやはりダメなので具体例

今回の話は特に抽象的すぎて自分でもややこしくなってきたので、役割分担についてどうあるべきか、どうしたらいいかについて次回は具体的な状況を想定してより詳細に考察する。「とあるキャンペーンの効果測定」と「事業部の今期の目標について」を予定。