データ分析とは教養である

無いことが問題だと感じない人にはどうでもよいが、無いことが問題だと思う人にはいくらあっても足りない

これで全部な気もするが、付け加えるなら「必要だと思ったことがない人に必要だと思わせるのはとても大変だ」ということだろう。ある程度の年齢以上では携帯電話やインターネットでさえまともに使えない人がいるのに、これからデータ分析の必要性を理解しろなどというのはかなり厳しい。

厳しいがそれでも100人いれば1人や2人ぐらいは可能性があるかもしれないので、やはり「データ分析が必要だ」と言い続けることは大事なのかと思う。