データ分析とは「不確実性を出来る限り減らそう、という試み」である

データ分析をしたら確実にうまく行く、なんてことはない

データ分析をしたら正しい意思決定ができる、売り上げが大きく伸びる、絶対に間違えなくなる、などと考えているのであればその認識は改めなければいけない。

もちろん全く何もしていない状態からであれば少しのことで改善は見込めるだろうが、データ分析はそういった限られた状況だけで行われるわけではない。

では何のためにデータ分析を行うのかといえば「不確実性」を減らすためだ。完璧な予測はできなくとも、以前より少しうまく行く方法を見つけたり、明らかに間違えるだろう選択を回避したりすることはできるかもしれない。全ての不確実性をなくすことはできないが、出来る限り減らそうとすることは試みるべきだ。

とデータアナリスト側が言ってしまうとそれはうまくできないことへの言い訳にも聞こえるかもしれないが、やれば必ずできるなどという誤解を持たれるよりはましなので最初から宣言しておいた方が本当はよい。ところが「データ分析をやれば必ず良くなります」と言える営業やコンサルタントには勝てないのが悩ましいところだ。