ツールを導入しただけで無駄になるのは、ツールの役割を勘違いしているからだ

世の中にツールは溢れているが、きちんと使えている企業は少ない

ツールを導入するもののきちんと使いこなしているという話はあまり聞こえてこない。大体は「いろいろ入っているがあまり使えていない」だ。毎月何十万、何百万という料金がかかっているにも関わらず最低限の機能で定期レポートを作っているだけだったり、放置されていたりする。

これはツールに対して本来するべきではない過度な期待をしていたりツールの役割を勘違いしていることから起きる。では、どういった勘違いがあるか。

ツールは目的を決めてくれない

ツールを導入したところでツールが目的を決めてくれるわけではない。目的が無ければ出てくる数値を見て雑談はできても何も話が進まない。目的無きデータ分析は無駄である

ツールは示唆をだしてくれない

ツールから出てくる数値は事前に決められたルールに乗っ取って集計された結果であり、示唆を出してくれるわけではない。いくら綺麗なグラフを眺めていたところで示唆が出るわけもない。

示唆を出してくれると触れ込むツールもあるが、他の企業のデータを中心とした平均との比較に対して良し悪しを提示しているものであり、あなたの企業の個別の事情(ビジネスの内容、様々な課題へ対応する優先度、人的リソース、予算その他もろもろ)を考慮してくれるわけではない。無いよりかはましかもしれないが、せいぜいヒントにするぐらいにしか使えない。

ツールは意思決定してくれない

結果を自動的に反映するようにシステムに組み込まない限りツールは意思決定してくれないし、「意思決定をツールに導入するか」の意思決定はしてくれない。ツールを導入して出てくる数値であれば偉い人が信用して使うだろうというのは幻想だ。

ツールは実行してくれない

どんなに素晴らしい示唆が出てやれば確実に売れるアイデアがあったとしても、そのツールが実行してくれることはない。意思決定と同様に自動的に実行するような仕組みを作ることは実行してくれない。

主体性が無ければツールは使えない

人間なら上司の顔色を窺ってうまくやってくれる、あるいはうまくやっているように見せかけてくれるかもしれないが、いかんせんツールは自分から何をしてくれるわけではない。

と、これだけ書くと当たり前な話なのだがあまりうまく行かない。ツールの導入を決める人と使う人が違う場合は特に宙ぶらりんになりやすい。ツールをうまく使うには少なくともここに書いたのとは逆のことをすればいい。その話も今度書こう。