データサイエンティスト・データアナリストの仕事はあくまでも「分析すること」であり、それ以外は「アナリティクスディレクター」の役割である

「分析すること」以外をする役割に名前がない

データサイエンティスト・データアナリストとは何かの議論をしたり求人情報を見ると、「分析」以外のことが必ず付いて回る。「前処理」や「収集」はともかく「コンサルティング」「企画の提案」「インフラの構築」「業務フローのとりまとめ」など実に求められる能力は幅広い。

が、これらは「分析」ではなくデータサイエンティスト・データアナリストの仕事には本来含めるべきではない。要求するべきはあくまでも「分析すること」である。

人数が少ないから兼任したり、経営者・マネージャーのリテラシーが低いために情報の提供だけに留まれず提案まで踏み込むこともありえるが、それはデータサイエンティスト・データアナリストのスキルとして要求されるべきものではなく、違う何かの役割である。

このような混乱が起きている原因の1つに、「データ分析に関わる人」として使える言葉が「データサイエンティスト」「データアナリスト」ぐらいしかないので、データ分析に関わる仕事は全てそれらのスキルである、と誤解されているのではないだろうか。

その役割に名前がないなら付けてしまえ

そこで「データ分析プロセスのマネジメントを行い、様々な部署や人とのつなぎ役となる役割」のことを「アナリティクスディレクター」と名付けた。名付けることで「まったく違うスキルなのに名前が無いから埋もれてしまう」ことは回避できると考えている。

「今まで名前がなかったのだからわざわざ新しい名前なんか付けなくても問題ないんじゃないか」と言う人も出てくると思うので、「アナリティクスディレクター」と「データサイエンティスト・データアナリスト」の関係に似ていると考えられる「営業」と「マーケティング」について、もし「マーケティング」という言葉が無かったらどうなるかを考えてみて、「アナリティクディレクター」という言葉が存在しないことによる問題点を浮き彫りにしてみたい。

あと、本来の役割から言えば分析者は目的の決定に関わってはいけない。企画や打ち手を考えるというのは本来は「データサイエンティスト」「データアナリスト」はもちろん「アナリティクスディレクター」の役割でもなく、マーケティングの役割であるが今回は主題ではないので細かくは触れない。

もし「マーケティング」という言葉が無かったら

もし「営業」という言葉だけが合って「マーケティング」という言葉が存在しなかったとしよう。言葉は存在しなくてもマーケティングの企画は必要なので、求人には「営業」となっているが

  • とにかく売ることが仕事の「営業」
  • 企画もしながら売ることもできる「営業」
  • 売りに行くよりも売るための企画を考えることが中心の「営業」

のように、同じ「営業」とは書いているのに実は求められるスキルは企業によって全然違う、という事態がおきる。企業側も特に営業や企画の実務を知らない人事が主導して「営業」で募集しておけば後は何とかなると考えてしまうとミスマッチが起きやすいし、企画をメインにやりたいと思っている人はその仕事を探すことも困難になってしまう。

そして、この「まったく違うスキルが1つの職種にまとめられていることで混乱している」のが現在の「データ分析」なのだ。そこで、この場合の「マーケティング」に当たる言葉として「アナリティクディレクター」という新しい言葉を作ることで、違う役割であることを明確にできる。

「アナリティクスディレクター」と「データサイエンティスト・データアナリスト」はお互いを完全に切り離すことはできない。

だからといって、「アナリティクスディレクター」と「データサイエンティスト・データアナリスト」を完全に切り離すことはできない。「マーケティング」がまったくわからない「営業」や、「営業」を全然しない「マーケティング」というのはまず考えられない。なのでどちらか100%になることはなく、9対1や4対6などどちらかを主軸にしつつもう一方も行うのが普通だろう。「アナリティクスディレクター」と「データサイエンティスト・データアナリスト」も同じように考えるべきだ。

現状では「アナリティクスディレクター」と「データサイエンティスト・データアナリスト」は1対9ぐらいで分析する人が自分のために仕方なく行われていることが多いだろうが、今後はよりアナリティクディレクター側の業務を行う人も出てくるかもしれないし、土壌が整えば100%データサイエンティストで稼働という選択肢もあるだろう。

少なくとも、違うことをみんなが知っていれば、「データアナリスト」の求人に「インフラ構築」を書いたりしないし、「データサイエンティスト」に「企画立案」を当然のように期待したりはしなくなるだけでもミスマッチはかなり減るはずだ。

そもそも分析者の役割ですらないことも切り離そう

それと、コミュニケーションやビジネス理解も話題になるが、これらは企業に勤めたりサービスに係るうえで最低限の話であり、データサイエンティストとかアナリティクディレクターとか以前の話である。スキルと呼べるぐらいに高度なコミュニケーション(コーチングや営業トークなど)やプロダクトへの深い理解もあればなお良いが、それは分析とは直接関係ない。

また、インフラ構築やデータマネジメントについてもこれはエンジニアの役割であって「データサイエンティスト・データアナリスト」の中に入れてはいけない。兼任したり一緒に動くことはあっても、それは別の役割としておかなければならない。

ようやく頭が整理できてきた気がする

アナリティクディレクターの話を書くたびに言っている気がするが、名前なんてどうでもよいのでどこか有名企業が別の名前を流行らせてくれれるのであればそれはそれで構わない。とにかく違う役割である、ということを広めたい。

もしかしたら以前の記事の中にはコミュニケーションやらなにやらを全てデータサイエンティスト・データアナリストの仕事として書いていたのがあるかもしれない。自分の中でまだ整理ができていなかった頃の話なので見かけたら修正するので教えてください。