『大本営参謀の情報戦記』を読んで日本のデータ分析のいままでとこれからを考える

データ分析に関わる全ての人の必読書

『大本営参謀の情報戦記』は戦時中に大本営参謀、フィリピンの第14方面軍の情報参謀、戦後は自衛隊の統幕第二室(情報室)室長と、情報を専門にしていた軍人である堀栄三の回顧録であり、著者が情報参謀としてどのように考え、活動したかを中心に、

  • 情報の読み方、情報参謀としての在り方
  • 情報を求めず、あっても無視する上層部
  • 情報も補給もなしに戦う最前線部隊の様子

が描かれる。現場の参謀としての視点だけ(戦争物の書籍には実に多い。悪いとは言わないが偏りすぎである)ではなく、日本軍の情報軽視ぶりや、情報教育についてなど、広い視野から示唆に富む記述が多いのである。そしてこれを現在のビジネスシーンに当てはめてみると

  • データアナリストの立場の低さ、人数の少なさ
  • データを求めず、あっても無視する上層部
  • データも裏付けもなしに送り出される営業の様子

と、そのままそっくり当てはまってしまう。軍隊から企業に形を変えても、日本人の情報についてのリテラシーが数十年前から変わっていない様子がよくわかる。なのでこの本を読むことは、データ分析に対する意識の低さと、そのことが引き起こす問題について認識する良い機会になる。そしてデータ分析が現場だけで完結する話ではない以上、経営者から現場まで、データ分析に関わる全ての人にとっての必読書と言っても過言ではない。

進め方

本文の中から情報に関するを拾い、自分のコメントをつけていく。『大本営参謀の情報戦記』を最初に選んだのは他でもなく最も読む人にとって効果が高い(内容が素晴らしく、読みやすい文章で、手軽に手に入り、しかも安い)からである。

少しでも興味を持ったら今すぐ買って、みんなに配るとよいだろう。文庫の新品でも1冊高々700円である。失敗したところでたかが知れている。もちろん一番読まなければいけないのが経営者なので、こっそりデスクの上においてみるのはどうだろう。

目次

準備中。