データサイエンティスト・データアナリストがやる気をなくす言葉集

2018年10月25日

日々繰り返される悲劇を断ち切ることはできるのか

というと大げさかもしれないが、仕事において士気は重要である。にも関わらず、大抵の場合無知から発せられる何気ない一言が実はとんでもなく士気を下げていることに気付いている人は少ないようだ。というわけで、データサイエンティストやデータアナリストが言われるとやる気をなくす言葉についてまとめてみた。

なお、業務中にこのエントリーを読んで仕事をする気が失せても責任は持たない。経営者やマネージャーは、データサイエンティストやデータアナリストの士気を下げるような言葉を知らぬ間に発していないか注意して欲しい。

データサイエンティスト・データアナリストがやる気をなくす言葉集

突然思いついた事を質問して答えられないと「なんだそんなことも知らないのか」

たとえ分析担当だからといって何でも知っているわけではないし、重大な内容ならばその場で適当に答えるわけにもいかない。重大でないとしてもなんとなくで答えるのは誠実さに欠ける。事前の予告なしに思いつきでいきなり聞かれても困る。適当であっても知っているふりをして答える人の方が有能であると評価されることが多いからそうする人の方が多いのだが、後になって間違えていたことに気が付いても遅い。それは評価する側が悪い。

何が知りたいか明確にしないのでこちらで想像して答えると「そんなことはとっくに知っている」

「なら先に言えよ」と心の中では言っているが、これもわりとよくある。特にコンサルティングなどで外から入ったばかりだと知らない事も多く、わかりきったことしか答えないなどと言われたりもするが、内部の人間の方が詳しいのは当然で、最初に何が知りたいかを明確にしておかず任せきりにしておいて、いろいろ想像して考えた出した答えにこの反応では言われた方も困る。何が知りたいのか先に言ってくれ。

「○○するために都合の良い情報を出せ」

提案するために、あるいはキャンペーンの結果をよく見せようとするために結論ありきで都合の良い数字が作れないかと相談してくる人が結構いる。むしろ中立で正確な情報よりこちらの方を求めてくる人の方が多いぐらいだ。分析担当者の存在理由を真っ向から否定するぐらいなら、こちらの知らないところで勝手にやってくれればいいのに。

「分析の結果はどうでもいいのだけど」

政治的な理由などで分析の結果を問わず次にどうするかがすでに決まっているような場合に発せられる言葉。根拠も何もなく適当に作文してもかまわないのならば、これもわざわざ分析担当に話を持ってくる意味はないだろう。こっちの知らないところで作文してくれればいい。

「どうせわからないから簡単でいいよ」

クライアント側のリテラシーが低すぎてどうにもならないので、分析と言いつつただのクロス集計と作文で十分などと最初からやる気を失わせる。もっとも、分析に手間や時間をかけなくてもクライアントが良しとしてしまうどころか、余計な事をして「何を言っているかわからない」などと言われるのだからどうにもならない。

「これの分析お願い。簡単にでいいから。」

なぜ自分でやらないのか。

「戦略的・長期的に考えることが必要だ」

自分に都合の悪い情報が出てきたときによく出てくるセリフ。これに「全体最適で考えなければならない」が加わってまったく中身はないが情報を無視する言い訳にはなっているつもりらしい。

「時期尚早だ」

やりたくないだけですよね。

まだまだありそうだが・・・

ぱっと思いついたことを並べてみたが、他にもまだまだ出てきそうなのでまた追加しよう。