データ分析プロセス, 伝達

その報告書は役に立っているのか

世の中ではマーケティングリサーチ、効果測定、いろいろな分析など毎日大量の報告書が作成されているが、本当に役に立つ報告書に出会うのは残念ながらまれである。なぜこのようなことになるかと言えば、結局のところはク ...

データ分析プロセス, 伝達, 役割分担, 目的の決定, 要求

抽象的でわかりづらいなら事例で考えてみよう

分析者は目的の決定に関わってはいけないことについて「原則」と「現実と対策」を書いたのだが、どうにも話が抽象的で自分で書いていてもわかりづらい。そこで「キャンペーンの効果測定」を事例にして、分析 ...

データ分析プロセス, 目的の決定

分析者はどこま目的の決定に関与するべきか

データ分析プロセスを組織の中でどう役割分担したらいいのかを考えてみたでは意思決定者と分析者が同じかきっちり分かれているモデルを考えているが、実際にはここまできれいに役割を分けることは難しい。

データ分析プロセス, 分析

仮説は有用だけれども使い方を誤ると危険

日常生活においてあらゆることを吟味していられるわけもないので仮説というのは指針を立てるのに便利だ。だからといって安易に使いすぎると仮説にも問題点がある。

仮説の問題点1・本人が想像できないこ ...

キャリア

「分析屋なんだから分析だけやっていればいいんじゃないの?」

最初の「分析」がやりたいが、具体的に何がしたいのかがあいまいだったのに加えてもう一つ最大級の失敗が「分析屋なんだから分析だけやっていればいい」と考えていたことだ。

「分析 ...

システム・ツール

料理人を無視してオーナーと内装業者が作ったキッチンが使えるか?

CRM・BI・DMP・DWH・マーケティングオートメーションにWeb解析、その他分析のためのシステムやツールは様々あるが、「導入したが誰にも使われず毎月金だけがかかる」とい ...

システム・ツール, 生産性

決まったことをたくさん試すのはもともとコンピュータの得意分野

よくよく考えてみれば、用意されたデータを使い、すでに決まったアルゴリズムにしたがって、様々なパターンを試して最も良い結果を返すという作業はそれこそコンピュータの得意分野だ。と ...

データ分析プロセス, 分析

使う側も何をしているかわかっていないけれども問題にならない

よく使われる手法のわりにその裏側がきちんと検証されない手法といえばクラスター分析だろう。結論だけを図やグラフで見せることで解決してしまうので聞く側はもちろん使う側もよくわかって ...

生産性

そのレポートが無かったら、誰か困るのか。

定期レポートに関する業務を効率化しよう(自分だけでなく誰かに任せる場合も)の最初に「本当にそのレポートが必要なのかを調査する」ことを第一に挙げたが、その詳細について。

何十万円、時に ...

キャリア

いままでを振り返って失敗と反省の記録を書く

「アナリスト」は厳しい。データサイエンティスト・データアナリストであることは現在だけでなく将来においてもハイリスク・ローリターンである。これにさらに自分の失敗が加わって紆余曲折を経て現在に至る ...