データ分析文化

現在の「データ分析」はほぼ全て「戦術的データ分析」

ここ数年で「データ分析」は実状はともかくとして広まってきたのは間違いない。

それは決して悪いことではないのだが、今言われている「データ分析」には決定的に足りていない話がある ...

データ分析文化

仰々しい話はさておき、とにかく始めよう

サッカーをやってみたいと思ったら、とにかくボールを持って外に出て遊んでみるだろう。先にルールブックをまず読み込んで、どんなスパイクならうまく走れるかやどんなウェアならコンディションが良くなるかを調 ...

データ分析文化

負けても大したことにならなければ危機感は持ちづらくなる

危機感というのは「負けたら大変なことになるから負けたくない」ということから生まれるわけだが「負けても大したことにならない」のであれば危機感は当然持たないとは言わずとも持ちづらくなる ...

データ分析文化

国内事情からデータ分析の文化を考える

日本にデータ分析の文化が育たなかった理由を考える(1) 外国からの脅威が少なかったら?に続いて今度は国内での事情を何回かに分けて考えてみる。

比較対象は主に中国史。これは文化的な影響を大 ...

データ分析文化

これからのデータ分析の文化を考える上で過去を考える

日本ではデータ分析の文化、つまり客観的な情報を集めて意思決定に使うということだが、それがとても弱いということに反対する人は多分いないと思うし、むしろいるなら話をしてみたい。しかし、なぜ ...

データ分析文化

やっても無駄になるのが大半だけど、やらないわけにいかない

「データ分析がいくら重要だと言ってもどうせ聞かないだろうから無駄」だとそのままにしてはやりたいこともできないし経験も積めない。揚句に業績が上がらずボーナスも出ない、ではどうしよう ...