分析

残った2つの疑問

学者が書く本は学者向けで一般人にはとっつきづらいを通り越して読ませる気がない、なんてことが多い中で、現役の学者が専門的な内容を一般に読ませるように書いてくれる本は貴重だ。と思っていたらやはり同じように思っている人は多い ...

戦争, 書評・感想

概略だけでもわかるその無茶苦茶ぶりと、今でもさほど変わっていないらしい日本人

悪名高き「インパール作戦」ではあるが、インパールやコヒマという地名、牟田口廉也や佐藤幸徳といった将軍の名前、白骨街道といった個々の名称はよく聞くが全容について ...