インテリジェンス, 日本のインテリジェンス, 戦争, 書評・感想

副題は「太平洋戦争にみる情報マネージメント」

日本人の情報無視についてはこのブログでもよく取り上げており、特に『大本営参謀の情報戦記』を読んで日本のデータ分析のいままでとこれからを考えるなども書いているが、一体いつどこで手に入れたか記憶 ...

インテリジェンス, 日本のインテリジェンス, 戦争, 書評・感想

この本と『大本営参謀の情報戦記』を読んで絶望しない人だけがデータサイエンティスト・データアナリストを目指すべき

日本の情報軽視についてはたびたび触れているが、この書籍でも情報軽視によってどれだけの失敗が繰り広げられたかが延々と記述される ...

インテリジェンス, データ分析, 書評・感想

50年前に発売されたとは思えない、日本の遅れをまざまざと感じさせるおすすめの良書

隠れた良書。ビジネスにおけるデータ分析をより広く、かつ具体的に書いており、特にデータ分析チームのマネージャー向けでこれ以上の書籍は日本語で読めるものは今の ...