2018-07

過去の記事

データ分析プロセスを組織の中でどう役割分担したらいいのかを考えてみた

データ分析組織の中での役割分担 データ分析組織については理想のデータ分析組織とはどんな組織だろうかや最悪のデータ分析組織とはを書いてみたが、ではその組織の中でどのような役割分担が考えられるか、についても考えてみたい。 ...
過去の記事

その言葉から期待される内容と実際の意味の違いについて(分析編)・・・情報・データを選別する(5)

使う言葉の定義が違うと話がかみ合わない 情報・データを収集する際に言葉の定義は重要だ。同じ言葉を使っていても、同じ意味で使っているとは限らないのに気が付かないことからくるコミュニケーションの失敗はよくあるが、データ分析に関する言葉につ...
過去の記事

集計結果がおかしいと思った時のチェックリスト

結果は出てきたが、何かおかしい気がする・・・そんな時のチェックリスト データを準備して、ツールに投入して実行したら、予想していたのとは大分違う結果が出てきて戸惑う、なんてことは日常茶飯事だが、その際どうやって検証したらよいかについてま...
過去の記事

理想のデータ分析組織とはどんな組織だろうか

理想のデータ分析組織を考える 最悪のデータ分析組織については書いた。ではその対極である理想のデータ分析組織はどういったものだろうか。理想はあくまでも理想であり、実際にはたどり着いたことのない領域なのでいままでよかったことの寄せ集めにな...
過去の記事

データ分析が失敗する責任は経営者・マネージャーにある

データ分析の失敗の責任は経営者・マネージャーにある データ分析がうまくいかないのをとにかくデータサイエンティスト・データアナリストの責任だとしている風潮があるが、それに見合った報酬を出しているということであればある程度の非難はやむを得...
過去の記事

情報・データ収集を体系化する(目次だけ)

分析の土台としての情報・データ収集も体系化したい 意思決定のためのデータ分析そのものがあまり語られていないこともありそれ以上に支える情報収集には目がいかないようだ。書籍や大学のデータサイエンス教育もきれいなデータが用意されてそこから話...
書評・感想

書評・感想『「イノベーターのジレンマ」の経済学的解明』・・・解明はしてくれるが解決はしてくれない

残った2つの疑問 学者が書く本は学者向けで一般人にはとっつきづらいを通り越して読ませる気がない、なんてことが多い中で、現役の学者が専門的な内容を一般に読ませるように書いてくれる本は貴重だ。と思っていたらやはり同じように思っている人は多...
過去の記事

「不特定多数に対する汎用的な情報を作る人」=「ゴールドラッシュの時にジーパンを作る人」の方が圧倒的に多い理由

世の中には「不特定多数に対する汎用的な情報を作る人」の方が圧倒的に多い 「アナリスト」には「特定の誰かの特定の意思決定に対する情報を作る人」と「不特定多数に対する汎用的な情報を作る人」がいるが、実際のところは前者はほとんどおらず圧倒的...
過去の記事

それでもデータ分析に外注を使わなければいけないときに気を付けるべきこと

外注利用の大前提は主体的であること データ分析は内製化しなければならないが、様々な事情により外注を使うを使うことは当然ありえる。しかし、金さえ払えばあとは自分の望むように勝手にやってくれるわけもなく、動かす側の力量次第でどのような役割...
過去の記事

データ収集が失敗する理由とその対策

データ収集の失敗を考える とりあえず目についた面白い情報やなんとなく役に立ちそうなニュースを集めるだけならばともかく、まじめに考えてみるとデータ収集は簡単なようで難しい。そこでデータ収集の失敗(つまり自分が過去にやらかしたこと)につい...