2018-10

過去の記事

アナリストとして生き残るためにどのようなスキルが有効か

アナリストとして生き残るためにどのようなスキルが有効か アナリストとしてのキャリアを考えると企業に所属するべきかで「アナリストとして生き残る」の意味は「アナリスト業務を主業務とする」「アナリストとしてキャリアを積める」の2つであると書...
過去の記事

理想と妄想の違いは「現実的かつ実現可能な具体策」が提示されているかどうか・・・情報・データを選別する(7)

実現出来たら素晴らしいこと 宇宙の果てを目指そう 地球の中心を目指そう 話し合いでテロをやめさせよう 世界から争いと貧困をなくそう 道具を使わず空を飛ぼう 戦略を長期的かつ本質的に考えよう 将来を見越して...
過去の記事

意思決定と分析を兼ねるメリット・デメリットと、気を付けたいこと

意思決定と分析は分離するべき。だが現実はそうなっていない 経営企画・マーケターなどは意思決定の前に分析を行うが、自分が意思決定するための分析を自分で行っている人が大半だろう。それを当たり前と考えている人の方が多いかもしれないけれど、こ...
書評・感想

書評・感想『「洞察力」があらゆる問題を解決する』

再読するも再度挫折 「洞察力」を身に着けたいと以前からずっと思っているが良い書籍になかなか出会えず、そういえばと思い出して『「洞察力」があらゆる問題を解決する』を再び手に入れてきたのだが、退屈で3割程度で読むのをやめた。 実は前...
過去の記事

その言葉から期待される内容と実際の意味の違いについて(〇〇的に考える編)・・・情報・データを選別する(6)

分析編の続き その言葉から期待される内容と実際の意味の違いについて(分析編)では「データ分析」や「データサイエンティスト」など冗談と本気の半々で書いたが、その続編。 今回はよく聞く「〇〇的に考える」というフレーズについて。何とな...
過去の記事

「じゃんけん大会優勝者が語るじゃんけん必勝法」に気を付けよう・・・情報・データを選別する(4)

それは必然なのか偶然なのか 1万人でトーナメントのじゃんけん大会をしたら最終的には勝者が決まる。では、その優勝者が語る「じゃんけん必勝法」はどこまで信じることができるだろうか。 同様に、「成功した人が語る経営論」や「人気者の人生...
過去の記事

「本質的に考える」ということについて

「本質的」とはよく使われる言葉だけれども、「本質」とは何なのだろう? 「本質的に考えなければならない」と言葉としてはよく聞くし自分でも気軽に言ってしまうけれども、改めて考えてみるとなんだかよくわからなくなってきた。実はさっぱりわかって...
過去の記事

アナリストとしてのキャリアを考えると企業に所属するべきか

アナリストはやっぱり厳しいが、それでも生き残る道を探す アナリストという職業の厳しい現状と将来については度々書いてきた。例えば(アナリストとしての)データサイエンティスト・データアナリストであることは現在だけでなく将来においてもハイリ...
過去の記事

すごい人工知能が開発されたら起きる未来について

その時が来たら日本全国で起きるだろう未来を想像する 20XX年、ついに人間の思考能力を遥かに超える人工知能を作り出すことに成功した。それは世の中に存在するあらゆるデータを自動で取得、分析して答えを導きだすという。早速とある企業の社長は...
過去の記事

競合調査は「目の前にいる競合が今何をしているか」だけではない

競合調査の目的は次に「世の中に」何が起きるかを予測すること 何が起こるかわかれば先手が打てる。孫子に言う「明君賢将動きて人に勝ち、成功の衆に出ずる所以の者は、先知すればなり」である。ビジネスを行う中で競合を含めて、外部の環境を見ること...