データ整備

[データ整備/抽出] 抽出依頼の対応の優先順位を見直すタイミングはいつか

データ抽出

より多くの依頼により早く対応するために必要な事

抽出依頼はいつ入ってくるかわからないし手がけている依頼の状況も随時変わっていく。そのため、抽出依頼への対応の優先順位は一度決めたら固定ではなく1日の間に少なくとも2・3回、時にはもっと頻繁に見直している。

どんなタイミングで優先順位の見直しを行っているのかを挙げてみると以下のようになる。

  • 打ち合わせで内容と納期が決まった時
  • その日の業務を開始する時
  • 内容を早めに決めておいた方がよさそうな依頼が入った時
  • 納期が変更になった時
  • 依頼の中で部分的に優先することが終わった時

打ち合わせで内容と納期が決まった時

これはあたりまえのことなので割愛。

その日の業務を開始する時

納期が迫っている依頼があれば最優先に変更。また、前日の業務終了後からその時までに新しい依頼が入っていたらそれらも含めて再検討。なければ前日までに決めたことを再確認。

内容を早めに決めておいた方がよさそうな依頼が入った時

以下の依頼が該当する。打ち合わせをできるだけ早くやるために急ぎでない予定の打ち合わせがあれば調整して後回しにすることもある。

  • 急ぎの依頼
  • 概要だけでは内容と工数の目途がつかない依頼
  • 簡単な依頼だと思っても他の予定が詰まっている時に入った依頼

詳しくは[データ整備/抽出] 抽出依頼への対応の優先順位の付け方:2番目:内容を早めに決めておいた方がよさそうな依頼の打ち合わせを参照のこと。

納期が変更になった時

予定より早くして欲しいと希望があったら対応可能かを検討し調整がつけば優先度を上げる。納期が遅くなったら他に優先度を上げた方がいい依頼があるかを検討。

依頼の中で部分的に優先することが終わった時

データの手配や確認のように先行して行っておくことが終わった段階で改めて優先順位を見直す。抽出が簡単にできることが判れば優先度が下がる。

データは入手できても使えるようにするためにとんでもなく加工に時間がかかりそうだったり、別の手段を考えなければならない場合は優先度を上げる。

関連記事

抽出依頼への対応の優先順位の付け方

人気のある記事

HOME > データ整備 > [データ整備/抽出] 抽出依頼の対応の優先順位を見直すタイミングはいつか