意思決定と分析のプロセス

意思決定と分析のプロセスを料理と比べてみる

データ分析がプロセスであることが解りづらかったら、料理に例えてみよう

あまりデータ分析になじみが無いと意思決定と分析のプロセスの全体像はなかなか伝わらない気がしている。

「料理は作るだけでは終わらない、食べないと意味が無い」なんてことを言われたら当たり前だと思うだろうが、データ分析に置き換えるとどういうわけか機能しなくなる。そこで、意思決定と分析のプロセスを食事に例えてみることで、解りやすくできないか試みる。

意思決定と分析のプロセスと料理のプロセスを比較する

まずはそれぞれのプロセスを並べてみる。すると大体同じような並びになっている。意思決定と分析のプロセスの概要は意思決定と分析のプロセスの全体像に書いた。料理については特に説明はいらないだろう。

意思決定と分析のプロセスでは意思決定者/食べる人と分析者/料理人は別にいる想定で書いているが、同じ人が兼任する場合も当然ある。その場合でもコミュニケーションが発生しなくなる以外は全て同じだ。

両方のプロセスで起きる問題を比較する

プロセスが同じということは、起きる問題もにたようなことになるだろう。全部挙げるときりがないので今回は2つだけ取り上げる。

  • 「目的の不在」と「注文の不在」
  • 「意思決定に使われない」と「作った料理を食べてもらえない」

「目的の不在」と「注文の不在」

両方ともプロセスの最初はそれぞれ「目的の決定」「何が食べたいかを決める」で始まっている。もしこのフェーズを無視するとプロセスの別のフェーズから始めることになる。「手元にあるデータor食材から何を作るか」「この前勉強した手法orこの前買った道具を使って何ができるか」あたりが思い浮かぶ。

もちろん、それでも何かはできる。局所的なサービス改修の場合や、何でもいいから食べられればそれでいい場合のように失敗しても大した影響がないのであればそれでもよい。しかし会社の命運を書ける大事業の決定や、重病で厳格な食事制限が必要ならば同じことをしたら致命傷になる。

何を食べたいかというリクエスト無しに料理人が良い料理を提供するのがとても難しいのと同様、意思決定者の要求無しでは分析者は良い分析を提供できない。

「意思決定に使われない」と「作った料理を食べてもらえない」

目的にあっている分析も、注文通りの料理も、消費してもらえなければ意味をなさなくなる。消費されない理由は質が悪い、量が多すぎる/少なすぎる、気に入らない、遅すぎた、状況が変わった、注文が間違えていたなど理由は様々考えられる。

料理人が好き嫌い、アレルギー、空腹かどうか、どれぐらい食べられるのか、いつ食べたいのかも一切無視して自分で最高だと思う料理を提供したところで「せっかく料理を作ったのに食べてもらえない」と文句を言うのは筋違いである。

分析も同じで意思決定者の考えている重要度、実現のためのリソース確保など背景を意思決定者と同じレベルで共有してもいないのに限られたデータから考えて一方的に提示して「意思決定に使われない」などと嘆いても仕方がない。

意思決定者と分析者の協力関係が重要

当たり前の話だが、意思決定者と分析者が互いを尊重しあって進めなければうまくいくわけがない。金さえ出せば後は思い通りの料理が出てくると考えているような客と、どうせ味なんて解らないなどと客を馬鹿にしている料理人の姿を思い浮かべて、自戒としたい。

関連記事

人気のある記事

HOME > 意思決定と分析のプロセス > 意思決定と分析のプロセスを料理と比べてみる