データ分析とインテリジェンス

『第5回 データアーキテクト(データ整備人)を”前向きに”考える会』を主催&発表した

7/14にオンラインでは3回目、通算で5回目となる『データアーキテクト(データ整備人)を”前向きに”考える会』を開催した。

第5回 データアーキテクト(データ整備人)を”前向きに”考える会

今回の発表資料はこちら。

そろそろイベントを盛り上げる方法を考えよう

オンラインの開催がどうなるかわからなかったので質疑応答も懇親会もやらずにミニマムな運営で3回やってみたが、ようやく慣れてきたのでそろそろイベントをもっと盛り上げることへも意識を向けようと思う。

が、いままで自分で盛り上げる、ということをまったく意識したことがないので「盛り上がるとはどういうことか」から考えなければ。Twitterのコメントで発言してくれる人やその量は基準になるのかな、とは何となく思っているのだけど、じゃぁそれはどうしたら増えるのか。

質疑応答はアンケートでもやってほしいというのが多くたしかにそうだなぁとは思っていて、ただ時間が長くなるのでそれはそれで懸念している。1回の発表を3人にして会話を増やす、という回もどこかでやってみよう。

あとは司会を誰か得意な人にやってもらうとかがよいのかなぁ。

次回は9月予定

ここ3か月連続でやってみたけど来月はお休みして次回は9月に開催予定。今回はすでにお話してくれそうな人が集まっているので公募はしない予定。

開催頻度も毎月やるなら自分は発表せずに集客と司会進行だけやる回も作っていかないとさすがにきつい。

幸いそれでも発表することに興味があると言ってくれている人は増えてきているのでそれなりに回すことはできそうだけど、そんなに頻繁にやってたら飽きられたりはしないかなという心配もまたあって。まぁこれもやり方次第なのかもしれないので検討材料。

8月は久々に外部イベント

8月に開催しない理由はもう1つ別にあって、こちらのイベントにお声がけいただき発表することになったから。データ基盤や整備についての話をする予定なのでこちらにも是非参加してみてください。

アンケート回答のお願い

最後にご案内しましたが次回以降の開催に向けて参考にするためアンケートへ回答いただけると嬉しいです。イベントページないしはメールでリンクをお送りしています。17日一杯受け付けしていますのでよろしくお願いします。

発表者、参加者の皆様ありがとうございました。このイベントが皆様の仕事に少しでもお役に立てれば幸いです。また次回お会いしましょう。

 Twitter  

カテゴリー:イベント・インタビュー