データ分析とインテリジェンス

ツールを導入しただけで無駄になるのは、ツールの役割を勘違いしているからだ

世の中にツールは溢れているが、そのうち本当に使われているのはどれだけか

「ツールをいろいろ導入しているがあまり使えていない」という声はよく聞く。毎月何十万、何百万という料金を払っているにも関わらず最低限の機能で定期レポートを作っているだけだったり、時には放置されていたりする。

これはツールに対して本来するべきではない過度な期待していたり、ツールの役割を勘違いしていることから起きる。では、どういった勘違いがあるか。

ツールの役割に対する勘違い

「ツールを導入したら何とかなる」と勘違いしないためには次の認識が必要だ。

  • ツールは目的を決めてくれない
  • ツールは洞察してくれない
  • ツールは意思決定してくれない
  • ツールは実行してくれない

ツールは目的を決めてくれない

ツールを導入したところでツールが目的を決めてくれるわけではない。目的が無ければ出てくる数値を見て雑談はできても意思決定には繋がらない。目的無きデータ分析は無駄である。

ツールは洞察してくれない

ツールから出てくる数値は事前に決められたルールに乗っ取って集計された結果であり、洞察してくれるわけではない。

示唆を出してくれると言っているツールもあるが、あなたの企業の個別の事情(ビジネスの内容、様々な課題へ対応する優先度、人的リソース、予算その他もろもろ)を考慮しているわけではない。

多くは他の企業のデータと比較して良し悪しを提示しているものだ。無いよりかはましでも、鵜呑みにしてはいけない。ヒントにするぐらいがちょうどいい。

ツールは意思決定してくれない

結果を自動的に反映するようにシステムに組み込めば意思決定しているようには見えるが「意思決定を自動的に反映させるか」の意思決定はしてくれない。

ツールは実行してくれない

どんなに素晴らしいアイデアでも、そのツールが実行してくれることはない。意思決定と同様に「自動的に実行するような仕組みを作ること」は実行してくれない。

人間なら丸投げしてもうまくやってくれるかもしれないし、あるいはうまくやっているように見せかけてくれるかもしれない。しかしツールは自発的には何もしない。

主体性が無ければツールはうまく使えない

ツールはうまく使えば役に立つが、うまく使うためには人が主体性を持って動かさなければならない。

もし導入したツールがうまく使えていないと感じたら、今回挙げた勘違いをしていないか確かめてみるといいいだろう。もし当てはまらないなら、そのツールが目的に合っていないか要求を満たしていないので別のツールを探そう。

カテゴリー:データ分析のその他の話題