データ分析とインテリジェンス

目的無きデータ分析は無駄である

何となくデータを見たところで何も生み出さない

何か良いことが見つかるかもしれないからと目的も無しにただデータを見るのは時間の無駄である。

目的が決まっていなければどんなに数字をいじくりまわしたところで「それで?」で終わるだけだ。それは時間の無駄としか表現のしようがない。

まず目的を決め、そして必要だったらデータ分析をする

データ分析は手段である。目的を達成するのに必要だからやる。手元に大量のデータがあるから、導入したツールを使わないともったいないから、新しい手法を勉強して使ってみたいからと目的を決めずにデータ分析を初めても失敗する。

小さな企業が売り上げを伸ばしたいと考えているならば、POSデータをいじくるよりも先に営業やマーケティングに時間と金をかけた方が良い場合もある。

なお、ここでいう「データ分析」とは「特定の目的の意思決定を支援するための一連のプロセス」を指す。つまり「インテリジェンス」ことだ。詳しくは「意思決定のために必要な情報」とは「特定の意思決定のために洞察して得られた予測や推論」である「データ」と「インフォメーション」と「インテリジェンス」の違いに書いた。

手元にあるデータから見えるものだけしか見えなくなるのは非常に危険

手元にあるデータありきで考えると、そのデータで見えることしか視界に入らない。

売り上げが落ちている原因が経営者への不信感による士気の低下であるならば、どんなに綺麗なダッシュボードで数字を見たところで解決するわけはない。

目的が先であれば、解決のために必要なデータは何で、手元にあるデータと足りないデータは何かを考える。手元にあるデータありきの場合はこの過程を一切無視する。

最終的に様々な事情で今あるデータのみを使って考えざるを得なくなる場合は多々ある。しかし、最初から可能性を限る必要はない。

解くべき課題に結びつかない

手元にあるデータから仮説を考えることはできる。その仮説を検証することもできる。しかし、その仮説が解くべき課題に繋がるかは別の話だ。

手元にある食材を使って何かを作ることはできても、食べる人にとって最良になるとは限らない。どんなに料理が上手にできてもアレルギーがある人は食べられない。どんなに大量に作っても満腹な人にはまったく食べてもらえないかもしれない。ある日のランチであれば大した影響はないかもしれないが、瀕死の人に与えるべき食事だとしたら取り返しがつかない。

実質的に無限にある中で、目的から始めることで選択肢をかなりしぼりこむことができる。目的から考えずにデータから初めて本当に解くべき課題に繋がったとしたら、目的から始まっていることを意識していなかっただけか、それとも単なる偶然にすぎない。

目的なしに集めたデータは単なる雑学に過ぎない

面白い知識が自分の仕事にどれだけ役に立っているか考えてみればよい。データが何かに使えそうだと感じるのは、問題意識がある時だけである。

何の問題意識も無しに読んだ面白い記事や集めたニュースはすぐに忘れられる。雑学そのものは否定しない。いつか役に立つこともあるだろう。しかし、やるべきことは他にいくらでもあるのではないだろうか。

なんとなく仕事をした気にはなれるが、何も生み出さない

数字をいじくり回すのは楽しい。もっと深堀したらどうなるか、なぜこうなっているかを考えたり議論しているとあっという間に時が過ぎる。しかし、何かがわかった気にはなれるが、後には何も残らない。なぜならば、具体的な行動に繋がっていない。

よほど意識していないとすぐこの状態に陥る。ためしにここ数日の間でデータを見ていた時間を思い出してみればいい。なんとなく数字を見て、今日までに変わったことがあるだろうか?

「探索的データ分析」などとそれっぽい名前を付けたところで何もしていなければ無駄である。

「とりあえずデータを集める」ことで得をするのはツールベンダーぐらい

道具は目的を果たすために必要なら買えば良い。道具を先に買ってから何かいいことがあるかもなどと考えるのは順番がおかしい。

すでにあるデータを見るならば失うのは時間だけであるが、もしデータを集めるのに大きくコストがかかるならば、さらに金と時間を失う。しかもコストに見合っただけのリターンを得られることは無い。

ただし、先にデータを集めておかなければ後になって手に入らないこともある。データを使うことに対して明確な意思があるのであれば投資は必要だ。

「とにかく何でもいいから集めておけばあとで何かに使えるかもしれない」と考えないようにしよう。そのようなことはまず起きない。「せっかくデータを集めたのだから使わなければならない」とさらなる無駄を呼び込むだけだ。

目的なしにデータ分析をするのはほとんど無駄

いろいろ数字をいじくり回したり、その数値について話をすることで新しいアイデアがでてきたりすることはある。文章と同じでまず手をつけてみてそれから考えるという面もなくはない。

しかし、ある程度知りたいことの方向性が決まっていることが前提だ。その場合でも効率は非常に悪い。ましてや何も考えずに数字を見たら課題がわかるなどというのは幻想である。

思いつくことはやりつくして新しいことを考える、考えが煮詰まって別のアプローチを探す場合を除けば、目的無しに数字を見るというのはデータ分析の中でも最悪の手段である。

あたりまえになるまで何度でも言い続ける

言いたいことは題名の通り「目的無きデータ分析は無駄である」だけだ。データを触ろうとした時にこの一言を思い出してもらえればデータ分析が違ったものになるだろう。この表現でなくてもいろいろな人がいろいろな言い方で同じようなことを言っているので好きなのを選べばいい。

この話は2015年に始めて書いてからほぼ毎年更新している。世の中にはまだまだ浸透していないのでこんなことを言うのが恥ずかしくなるぐらいまで言い続ける。

関連記事

意思決定と分析のプロセスの全体像

カテゴリー:意思決定と分析のプロセス