過去の記事

データ分析にまつわるカタカナ言葉を日本語で文章で表現したらどうなるのだろう

いろいろなカタカナ言葉を自分がどう考えているのかを言葉できちんと表現してみよう カタカナ言葉というのは便利でもあるが、一方でその意味をきちんと捉えずあいまいなままで話を進めてしまえるのは欠点だ。話していてもいまいちかみ合わず、...
過去の記事

定量と定性は手段の違いなので別々に考えることはあまり意味がない

定量と定性がなぜか別に語られる不思議 Insight Tokyo #1 に触発されて、というわけではないがだいぶ前に途中まで書いた話がようやくまとまった(?)。 さて、データ分析と一言にいってもいろいろな捉え方があるが、その中で...
過去の記事

BigQueryでテーブル名を指定するときの点「‘」がいらなくなった

単なる小ネタなので暇なひとはどうぞ SQLで何かやるといったらどれがいい?「全部」と書いたら多分それになるしどのみちいつか全部やりたいと思っているので一番欲しいとしたら、という質問。— しんゆう@データ分析とインテリジェン...
過去の記事

データを完全無欠に入力することはまず不可能

戦争の諸データーを完全無欠に入力することはまず不可能 いまはコンピューターの時代であるから、さほどの苦労をしなくても諸情報を集めて分析解明して、判断を出すことは容易になったと考える人が多いかもしれない(中略)しかし戦争の諸データー...
過去の記事

「誰かの話に脊髄反射してリツイートする前に思い浮かべたら良さそうなこと」の素案

10秒考えたら違うことが見えるかもしれない 誰かの話を見聞きしてついその場で感情のままに反応してしまい後で間違えたことを後悔してしまったことは多くの人が経験することだろう。 なのでそうならないように、ぐっとこらえて10秒ぐらい違...
過去の記事

時系列解析に関する書籍についてのメモ

時系列解析をやりたくなった ふと思い立って時系列解析を勉強してみようと思ってこの連休中に何冊かに目を通したのでメモしておく。 前提 どういう前提で読んでいるかを先に書いておいた方が良いかと思うので書いておく。 ...
過去の記事

新型コロナウイルス騒動で見る「インフォメーションとインテリジェンスの違い」

「今日の感染者〇人」だけでは何の判断もできない 新型コロナウイルスの話題で持ちきりだが、インフォメーションとインテリジェンスの違いを見る上で良い題材になりそうだと思ったので書いてみる。 インフォメーションとインテリジェンスの...
イベント

『第2回 データアーキテクト(データ整備人)を”前向きに”考える会』を主催&登壇した

今年最初のイベント主催&登壇の第2回 データアーキテクト(データ整備人)を”前向きに”考える会が終了。資料はこちら。 基本・基本・基本 今回の話だけではないけれども、考えて来たことを振り返ってまとめてみると、いか...
イベント

インタビューを受けてITmediaediaの「これからのAIの話をしよう」に記事が掲載された

初めてのインタビュー 松本健太郎さん(@matsuken0716)のお誘いで初めてインタビューなるものを受け、それが記事として2日に渡って掲載された。 「雑用扱いで名前もない」 データ分析の土台を支える“SQLを叩く人”の重要性...
書評・感想

書評・感想『WORK RULES!』

これから書評もがんばろう というわけで年末から読んでいた『WORK RULES!』を読み終えたので感想を少々。 実験・検証・改善 実験して、検証して、改善することを繰り返す、と言うのは簡単なのだがそれを実践した記録の書籍と...