キャリア, データサイエンティスト, データアナリスト

データ分析人材がうまく採用できないのは「データ分析リテラシー」の低さが大きな原因だ

もちろん社内にデータ分析の文化を作るのに一番良いのは「社長が自らの意思決定にデータ分析を活用すること」なのだけど、いままでその文化が無かった個人にいきな ...

キャリア, データサイエンティスト, データアナリスト

とにかく最低限これだけは書いてほしい

データサイエンティスト・データアナリストの求人情報を読む際に注意することでは、「データサイエンティスト・データアナリスト」とあるけれども企業によってだいぶ内容が違うし、そもそも的外れなことも書いてあ ...

大本営参謀の情報戦記, 名著から学ぶ

相手がいるから時間的制約(つまり納期)がある

戦場での情報の分析解明は、研究室の学問的研究と異なって、いつまでに判断をして答えを出せという時間的制約が、非情なまでにつきまとう。

『大本営参謀の情報戦記』 P4

ビ ...

データ分析プロセス, 伝達

正しいことを伝えたのに情報が活かされず失敗した話は数限りない

歴史を紐解けば、部下や家臣からの情報や提言を受け入れずに失敗したりする話は本当によく出てくる。それは後になって振り返ってみると部下が正しく、受け入れていればそんな失敗はしなか ...

キャリア, アナリティクスディレクター, 役割分担

「分析すること」以外をする役割に名前がない

データサイエンティスト・データアナリストとは何かの議論をしたり求人情報を見ると、「分析」以外のことが必ず付いて回る。「前処理」や「収集」はともかく「コンサルティング」「企画の提案」「インフラの ...

大本営参謀の情報戦記, 名著から学ぶ

情報が百パーセント集まることはない

古今東西の戦争の例を見ても、相手の意中を知る情報を百パーセント集めて、左団扇で戦いを進めた例は皆無である。これが戦争というものであって、実際の戦場では知りたい情報の半分にも満たない情報で、敵の意中もわ ...

大本営参謀の情報戦記, 名著から学ぶ

世の中に氾濫する情報は、相手の方から教えたい情報である

ある新聞には、人びとは情報の氾濫のため、ある余る情報の中に埋没して悲鳴をあげているとも書かれていた。
(中略)
しかしそういう情報は、相手の方から教えたい情報であり ...

システム・ツール

世の中にツールは溢れているが、きちんと使えている企業は少ない

ツールを導入するもののきちんと使いこなしているという話はあまり聞こえてこない。大体は「いろいろ入っているがあまり使えていない」だ。毎月何十万、何百万という料金がかかっているに ...

データ分析のその他の話題

こんなサービスがあったら使いたい

データ分析のサービスというと常駐して作業をするかデータを預かって分析するというのが多いけれども、それ以外にもデータアナリストだからこそできるサービスがあるだろう、というかこういうサービスがあったら使いた ...

データ分析とは何か

データ分析をしたら確実にうまく行く、なんてことはない

データ分析をしたら正しい意思決定ができる、売り上げが大きく伸びる、絶対に間違えなくなる、などと考えているのであればその認識は改めなければいけない。

もちろん全く何もしてい ...