キャリア, データサイエンティスト

データサイエンティストの需要と将来性を考える前に、データサイエンティストが何をしている人なのかを考えよう

データサイエンティスとの需要と将来性がこれからどうなるのかを話している人は時々見かけるのだが、定義があいまいなせいかどうもかみ合っ ...

データ分析組織

「各部署の中で少しデータ分析を知っている人がやる」ではすぐ限界がくる

理想のデータ分析組織とはどんな組織だろうかではその1つの要因として「理想的なデータ分析組織は経営層直轄で独立かつ経営企画と同格である」を挙げた。

その後よ ...

数学メモ, はじめてのパターン認識(はじパタ)

『はじめてのパターン認識(通称はじパタ)』のための数学メモ

数学書の場合は「明らかに」とか親切丁寧に書いてくれるから明らかでないのはわかるけれども、数学を道具として使う分野だと「証明なしに当たり前のように書いてあるけれども、ちゃんと読ん ...

アナリティクスディレクター, 役割分担, データ分析組織

データ分析が盛り上がっている今だからこそ考えなければならない

以前データ分析組織に必要なのはデータサイエンティストではなくデータ分析プロセスをマネジメントする人というのを書いたが、その後の学びや「アナリティクスディレクター」を名付けたこ ...

データ分析プロセス, データ分析, 書評・感想

日本語で読める数少ない戦略的な情報・データ分析に関する良書

戦略的な情報・データ分析に関する書籍は非常に少ない上にほぼ翻訳本であるということは、やはり日本で戦略的な情報・データ分析の需要がいかに少ないかということである。そんな中、なかな ...

キャリア, データサイエンティスト, データアナリスト

データ分析人材がうまく採用できないのは「データ分析リテラシー」の低さが大きな原因だ

もちろん社内にデータ分析の文化を作るのに一番良いのは「社長が自らの意思決定にデータ分析を活用すること」なのだけど、いままでその文化が無かった個人にいきな ...

キャリア, データサイエンティスト, データアナリスト

とにかく最低限これだけは書いてほしい

データサイエンティスト・データアナリストの求人情報を読む際に注意することでは、「データサイエンティスト・データアナリスト」とあるけれども企業によってだいぶ内容が違うし、そもそも的外れなことも書いてあ ...

大本営参謀の情報戦記, 名著から学ぶ

相手がいるから時間的制約(つまり納期)がある

戦場での情報の分析解明は、研究室の学問的研究と異なって、いつまでに判断をして答えを出せという時間的制約が、非情なまでにつきまとう。

『大本営参謀の情報戦記』 P4

ビ ...

データ分析プロセス, 伝達

正しいことを伝えたのに情報が活かされず失敗した話は数限りない

歴史を紐解けば、部下や家臣からの情報や提言を受け入れずに失敗したりする話は本当によく出てくる。それは後になって振り返ってみると部下が正しく、受け入れていればそんな失敗はしなか ...

キャリア, アナリティクスディレクター, 役割分担

「分析すること」以外をする役割に名前がない

データサイエンティスト・データアナリストとは何かの議論をしたり求人情報を見ると、「分析」以外のことが必ず付いて回る。「前処理」や「収集」はともかく「コンサルティング」「企画の提案」「インフラの ...