社長のための戦略的データ分析のすすめ

日本の経営は「家を出る時に傘を持っていくか」を決めるのに天気予報を見ないのと同じだ

「家を出る時に傘を持っていくか」を決める際にはまず天気予報を見るだろう。それに加えて雲の様子をちょっとうかがってみたり、家から駅までの距離や、最寄り駅か ...

役割分担

データ分析は部署を横断しないとうまくいかない

データ分析の実務に関わっている人ならわかると思うが、「データ分析」というのは実に部署横断的な仕事だ。経営者から営業まで依頼はどこからでもやってくるし、データや環境のためにエンジニアとも関わる ...

社長のための戦略的データ分析のすすめ

現在のデータ分析の話題には「社長向けの戦略的データ分析」が決定的に欠落している

なら自分で書いてやろう!という気持ちを表現してみた。

『社長のための「戦略的データ分析」のすすめ』の目次「戦略的データ分析」とは何か

最も重要なと ...

選別, データ分析プロセス, 収集

「カスタマーサクセス」=「顧客の成功」ではないらしい

知らぬ間に「カスタマーサクセス」広まっていたのだが、どうもいまいち何を指しているかわからなかったので『カスタマーサクセス――サブスクリプション時代に求められる「顧客の成功」10の原則 ...

書評・感想 - データ分析

「カスタマーサクセス」は「顧客の成功」ではない

冒頭の2章まで読んだけど、やっぱり「カスタマーサクセス」は「グロースハッカー」以上に既存のマーケティングとの違いがわからない。あえて言うなら「マーケティング」の中の「顧客維持」への特化らし ...

書評・感想 - データ分析

50年前に発売されたとは思えない、日本の遅れをまざまざと感じさせるおすすめの良書

隠れた良書。ビジネスにおけるデータ分析をより広く、かつ具体的に書いており、特にデータ分析チームのマネージャー向けでこれ以上の書籍は日本語で読めるものは今の ...

データ分析文化

現在の「データ分析」はほぼ全て「戦術的データ分析」

ここ数年で「データ分析」は実状はともかくとして広まってきたのは間違いない。

それは決して悪いことではないのだが、今言われている「データ分析」には決定的に足りていない話がある ...

データ分析プロセス, 分析

「前処理は重要」は世の中の常識とは限らない

分析において前処理はとても重要で、むしろ前処理をやらないで何をやるんだぐらいの場合もある、ということは経験者からすれば当たり前であろうが、収集や前処理は部下や外注に任せてそれ以外だけをやる人も ...

データ分析のその他の話題

データサイエンティスト養成読本の次は何だ

先日こんなことをtweetした。

『データサイエンティスト養成講座』の次回を予想。

本命:人材育成編
対抗:就職・転職編
大穴:炎上謝罪編・炎上消火編・炎 ...

選別, データ分析プロセス, 収集

中身を知って、自分で選ぼう

データ分析の高度化というより主にデータ処理能力の大幅な向上だと思うが、これから先もパーソナライズはより精度を高め、かつ様々なところに応用が広がっていくことは間違いない。

とはいえ所詮は人が作った仕 ...